第4期は10月16日開始。 全6回、塾生を募集します。

明鏡塾は、武道家・日野晃が主宰する、医療・介護・リラクゼーション・セラピー・トレーニングといった心身のサポートに携わる人に向けた学びの場です。
第4期は10月16日にスタートします。

ここでは、小手先の「テクニック」の指導はいたしません。
知識や技術の前に、考え、実践しなくてはならないのは「人とどう関係するか」です。
しっかりと関係しなければ、せっかく身につけたものが活かされず、逆に押しつけになって違和感を与えるだけです。

確かに関係していれば、驚くような生体反応が見られます。人間は集団で生きる動物である以上、関係性に大きな影響を受けるのは当然なのです。

明鏡塾では、「聞く」「話す」「見る」「触れる」という入り口から本気で関係することを実践していきます。

第4期日程表

「医学」「治療技術」が先にあるのではなく、「目の前にいる人との向かい合い」が先にあります。明鏡塾で徹底するのは、この「向かい合い」です。

これを磨いていく場は、世界にも他にないのではないでしょうか。明鏡塾とは?

全6回の講座で本質を学ぶ

2016年10月にスタートする、第4期の塾生を募集します。

※第4期に関するお問合せはこちらからお願いします。

最近、このような悩みの声を寄せられることが多くなりました。

学校では治療技術ではなく知識ばかりを学んだので不安だ。

セミナーや勉強会巡りだらけで知識ばかり先行している。

患者さんに話を本当に聞いてもらっている実感がない。

仕事に慣れてつい「こなして」しまっている。

経験が浅く、患者さんの前に立つと緊張してしまう。

職場での人間関係にエネルギーを奪われている。

患者さんによって改善の度合いが違う。個人差があるのは分かっているが、それを言い訳にしている。

このような悩みは、結局のところ、自分自身の質を向上させないまま、技術だけを自分流に取り入れようとする事から来る迷いです。

明鏡塾の日々の実践では、表面的な言葉や技術にとらわれない感性を養います。真剣に人と向き合う医療従事者が一人でも増えることを願っています。

第4期日程表

※第4期に関するお問合せはこちらです