人が生きる上で、人生を歩いていく上で一番大切なこと。
それはなんだ?

その事に真っ向から突っ込む。
突っ込むのに必要なもの。
それが「勇気」である。

どうして勇気なのか?
良い意味でも自己否定が含まれるからである。
いわばパンドラの箱を開けるということでもある。

ここには、それぞれの答えがある。
ただ、老婆心的に一つの灯台としていうならば、「誇り」があるかないか。
「志」を持っているのかいないのか。
その事だけが、人生の軸になり得るのだ。

「方法」をいくら持っていても、それは張り子のトラと同じである。
「方法」は時代とともに色あせていくからだ。
それこそ、人を人たらしめるのは「開いたこころ」を持つか否かである。
それでしか、人という種はこころを饗感しあえないのだ。

 

「一体、医者というのは何なのでしょうか?
医療行為ができることが、医者を医者たらしめているものなのでしょうか?」
http://blogs.yahoo.co.jp/gtyff320/14761045.html

これを書く彼は外科医である。
しかも、こころある外科医だ。

「明鏡塾」に集う人達には垣根が無い。
外科医・内科医・理学療法士・鍼灸師・整体師・看護師……。
それぞれの垣根を超えることの出来る「思い」を持ち、「志」を抱いた人が集ってくる。

そして、患者さん、あるいはクライアント、またその家族、周辺の人々。
そういった人達の幸せの為に尽力を尽くす。
そこに喜びを感じる人達。

垣根を超えた協力が、新たな「方法」を生み出し、新たな「世界」を切り開いていくだろう。
それを創り出す核になれたら幸いである。

と考えているのが「明鏡塾」である。