『武道の達人、伊藤一刀斎は師鐘巻自斎に対して「先生わたくしは剣の妙機を自得しました」と言い放った。自斎は大いに怒って「未熟者が何をいうか」とののしったが、かれは平然として「しかし先生、妙とはこころの妙である以上、みずから悟る外はないではありませんか。決して、師から伝えられるものではないと思います」と抗弁し一歩も譲らなかった。』と書かれてある。

当初、そうでもあるだろうし、しかし違うかもしれないと思っていた。
しかし、この年令になると、それしかないだろう、と確信している。
それしかない、というのは「学び、創造する」という、人そのものの能力のことだ。

先日の「明鏡塾」でも、そういった話を少しした。
理学療法的治療を教わる、あるいは、整体としての技術、鍼灸としての技術を教わる。
それを実際として使うのは、教わっている当人だ。
そして、教科書から実際への橋渡しをするのは当人だ。
教科書に書かれてある抽象を具体に転換させるのは、間違いなく当人でしか無い。

その「転換させる」という作業の積み重ね、そこでの創意工夫は、全ての人で異なる筈だ。
それは、その教科書の抽象をどう解釈したのか、あるいは、どう患者さんの身体に触れているのか、どの程度の圧力なのか、全員違うということだ。
それぞれの創意工夫の結果、教科書はある種実践化されるのだ。
創意工夫という時点で、それぞれの当人のものになっているのだ。
教科書を踏み台にして、当人が作り出すものなのだ。
そういった事を考えていくと、どんなことでも同じだと言える。

但し、ここで最も重要な事は、「自分は何者なのか」という設定の有無だ。
そして、その「何者は何を成すのか」という理想を持っているのかである。
何者も、何を成すのかも持たないで、何かを習っても一切自分の身には付かないのだ。
ただ世間に流されて医療関係に来た。
何もすることがないから福祉の世界に入ろうか、手に職を付けたら食べていけるだろう。
程度の動機で医療の方面に来たのなら、それは患者さんや介護される人に迷惑極まりないばかりか、一つ間違えばそういった人達の人生を狂わしかねない。
そういったリスクも認識した上での、職業選択だ。
もちろん、そのことも自分自身が形成するものである。
そういった人としての根本的なところの重要性を基本としているのが「明鏡塾」である。