カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【鬱だった友人が】

朝早く電話で起こされた。着信を見ると友人からだった。
ウツの症状が出ており、外出する気にもならない状態だ。
フランスででも心配していたのだが、かけ直してみた。

電話に出た声は若い男性だった。
「えっ」と思った矢先「◯警察の者ですが」と名乗られた。
「何で?」「実は◯さんが自宅で亡くなっておられて〜」ニュースでよくある孤独死ということだった。

彼には子供が3人いたが、その誰からも連絡が無かった。
というのは、ウツの症状が出ており、仕事もままならないので生活保護を受けていた。
それは私が勧めたものだ。
生活保護を申請すると、行政が身内を探し出し生活を援助するか否かを確認する。
つまり、行方を知らない身内に自分の居場所を知らせる事が出来るということだ。
もちろん、その身内が「知りません」といえばそれまでだが。

私は連絡が来ることを、期待して待つように促していた。
彼は待てなかったのだろう。

家を尋ねて行く度に「アキラ、悪いな」と言っていた。
「生きていたらなんとかなるよ」そんな話をしていたのだが、内心は本当に何とかなるのかな?何がなんとかなるのだろう?とも思っていた。
病気でなければ、それこそ何とかなる。
「大阪で住んだらどうや」と提案したこともある。
それは、大阪に実家があったからだ。
見知った街に住めば、気分も変わるのではないかと思ったからだ。
しかし「行っても同じやろ」と彼は拒否した。

彼に会う度に「何を何とかすれば良いのか」を考えさせられた。
病気の事は生活保護申請時にも、行政に話して見た。
しかし、一見普通に見える彼に、誰も本腰を入れて考えてはくれなかった。
また、大阪には私が研修を続けている特養もあり、そこの常務にも相談していた。
有り難いことに常務からは「何かあったら何とかしますよ」と言ってくれていた。

これは彼だけの問題ではない。
こういった彼のような立場の人は沢山いるのだろうと思う。
いわゆる隙間で生きている人達だ。
それを行政は、仕方がないと放っておくしか無いのだろうか?
私たちは団塊の世代だから、一番人口が多い。
それに比例して、こういったケースも多いのだろうと思う。

個人が関われるには限度がある。
そんな時、比べる事は出来ないが、スイスや北欧の国々の社会福祉制度をうらやましく思ってしまう。

彼とは22歳からの付き合いだ。
というよりも、共に戦った戦友だ。
フリージャズの世界に身を置き、何かに取り憑かれたように音を模索した戦友だ。
彼は私よりも一つ年下で、当時はフェンダーのエレベを弾いていた。
自分の身長よりも高いアンプを背に、強烈な音を出していた。
「アキラ、一緒に演ってくれへんか」と彼が言ったのがキッカケだ。
エレベでは話にならないので、クラシックのコントラバス奏者を紹介し、ウッドベースを習得させた。
アパートの直ぐ裏にある大和川で、朝から晩まで毎日最低8時間は練習していた。
4.5年たちウッドベースを何となく弾けるようになり、一度一緒に音を出した。
「まだ、あかんな」彼は直感しひたすら練習に明け暮れた。
彼はそんな性分だった。


初めての感触

「感覚」という事に気付いたのは20代後半辺りだ。

私自身が手のひらで感じている感じに「あれっ」と思った事がキッカケだ。
それは多分、私自身が生まれて初めて、どんな誘導もない状態で感じたことだと気付いたからだ。

誘導というのは、例えば、美味しいとか塩っ辛いとか、熱いというような、最初に言葉ありきで感覚された事から、独立した感覚だと気付いたのだ。
これは衝撃的だった。
言葉や周囲によって作られてしまった何かによって、感覚されていることと言葉が同じだと思っていた。
というよりも、そんなことに気付きもしなかったからだ。
だから、「これ熱いやろ」「ほんま熱いな」というように、感覚されていることは共有されていると信じ込んでいたといっても過言ではなかった。

しかし、そういったものではない感覚を知覚した時、あるいは認知した時に、そういった「感覚」にまつわる事が全て理解できたのだ。
感覚されていることは共有できない、全く個人的なものだということを。

生まれて初めて「感覚」されていることが、言語から独立している事に気づかしてくれたのだ。
これには、それこそ狂喜乱舞した。
これは、相当おもしろい発見だった。

その事が「言葉」と実体の間には溝がある事を教えてくれたからだ。

どれだけ実体に近い言葉を使えるか、それはそこから始まったのだ。
そして、その「感覚」が言葉を作り出していったのだろう、と気付いたのだ。

古の昔、人はその状況で何かを感じた。
それを何とか誰かに伝えたいと思った。
あるいは、自分として記憶したいと思った。
また、何かに残したいと思った。
そこに、その感覚を言葉にする努力が始まったのだろう。
という推察だ。
もちろん、これには相当の時間差があるだろうし、時間も前後するだろうが、いずれにしても、古の人達の作業の賜物が言葉なのだ。
その古の人の苦労を、今味わえる幸せは、正に歴史の中に生きているということを、その時に実感させてくれた。


【明鏡塾第4期 まとめ】

「明鏡塾」を手伝ってくれている若い理学療法士が4期をレポートしてくれています。

:::::::::::::::::::

今月から明鏡塾第5期がスタートしますね。
4期の雑感を少しまとめてみました。

なんどか書いていますが、明鏡塾の場は4期に入って加速的に集中された空間が作り出されるようになりました。
それはワークに取り組む塾生一人一人の集中が作り出すものですが、なぜ「集中」されやすくなったのか。
あるいは「集中」が持続するのか。
何かに集中するのは、ある意味何も考えずに、ひとまず先生がデモしてくれたそれを真似てみる。

真似ることには、綿密な観察が必要であるし、形を真似るには、自身の姿勢や動きにも気を払わなくてはならない。
そういったことが「集中」を作る。
そして、集中して得た体感から、様々な工夫をこらし、その体感がどのように変化するかを実験・検証する。
そのことが「集中の持続」を作る。
考え込んでしまうのは、ワークの意味や、出来た・出来ないに捕らわれ過ぎるのが原因だろう。
考え込むのは一見集中されたように見えるが、それは止まっているだけであり、重い空気が流れる。

明鏡塾4期は特に、集中された場になった。
それは明鏡塾に参加している塾生のレベルが上がっているというよりは、塾生のスタンスが確立されてきたと言えるのではないか。
それが場の成長に繋がっているのかもしれない。
何にしても回を重ねるごとに学べるものがより広く、そしてシャープになっているのは間違いないと思う。
そのワークに取り組むことが目的なのではなく、そのワークから自分自身の何を掘り起こす日を目的にしているので、得られるものは当然変わってくる。
その流れに乗れるか否かだけである。

少し話は変わりますが、先日私のリハビリ介入に同席した初対面の理学療法士の方に、「尾森さんの利用者さんは笑顔の人が多いですね」と言われた。

私は笑顔が大切だと認識しているが、笑顔になればいいのかと言えばそういうことではない。

その笑顔は何に対する笑顔なのかはその時々によって異なるし、何によって創発されたものなのかも異なる。
作られた笑顔もあれば、反応として生まれた笑顔もある。
また人は泣きながらでも笑っている時もあれば、笑いながらでも泣いている事もある。
笑顔にもいろんな色があるのである。
であるから、一口に笑顔と言うそれは、容易に対象化できるものではない。
もちろん、無理にでも「笑う」ことによって、心理的にも身体的にも変化はするので、そういった意味では「笑う」を科学的に捉えることはできるが、その笑顔がどういう笑顔なのかはこちらが主観的に察していくより他ないだろう。
「◯◯すれば、こうなる」という一つの図式だけで何とかなるのであれば、人間の「考える」という行為は必要ないではないか。
笑顔になれば、ドーパミンがというのは、笑顔と脳内の化学物質の関係を示しているのであって、決して笑顔については何も教えていない。
科学は、その事そのものを教えてくれるものではない。
物と物との関係を示すものなのだ。
具体的行動を取るときに方法は役に立つものであるが、方法は「意味」は教えていない。

目の前の人の笑顔の意味を、自分自身の知識の中にあることに変換するべきではない。
そのことに意味はないのだ。
きっと、その笑顔を味わってこちらが主観として捉えた「味わい」が、意味なのである。
まだはっきりとしたことは分からないが。

さて、笑顔の意味を知ることも、方法ではなく、主観として捉えるというからには、最も大切なのは「感じる」ということでしょう。
「感じる」という言葉は、憎いもので、近いようで遠い。
分かるようで、分からない。
ある種、捉えることが難しいものであると思います。
本当に感じている時というのは、そこに間違いなく言葉はありませんから、言葉としてでたそれは、「感じる」の一部分、あるいは知っている知識に置き換えられたものであります。
感じたことを言葉にするのには修練が必要ですし、苦楽があるはずです。
その作業を通して、言葉に出来ないものもあることを知る。
その「言葉に出来ないもの」が「感じる」の表れであり、私の場合は味わいという言葉を当てて、表現しています。
今はそうするより他ないのです。
味わいの中にも、タイプや違いを見出せれば、使われる言葉も変わってきます。
そのことによって、感じる主体と、言葉との間にある隔たりが小さくなるのです。そうすると、言葉が自分のものになってきます。
もちろん、そのことに意味があるのではなく、自分自身を成長させようとした時に、どのような言葉をどのように使うかということが重要になります。
言葉は大切なのです。その言葉の変化の背景には、「感じる」があるのだと思います。

4期の変化を違った視点から捉えると、いわゆる突っ込みや相手への感想が明確になってきていると言えると思います。
明確というのは、的を得ているということではなく、「何が言いたいか」がはっきりしてきたという意味です。
だからある意味で、「話す」や「聞く」というのが意識的に、あるいは無意識的にも変化しているのではないかと思います。
5期はどのようなことが起こるか、楽しみです。

明鏡塾は「直感」を養う数少ない場であると思います。
直感で得たそれこそ具体的なことであるのに、科学的捉えられる範疇のことではなければ、非常に抽象的なものとして捉えられてしまう風潮があります。
私の仕事の理学療法士業界などもまさにです。
だからこそ塾生が力をつけて成果を示していくより他は無いのだろうと思います。

時折、自分自身が「何をしているのか」と疑問を持ち、クラクラしてしまうこともありますが、地に足つけて着実に進んでいきたいと思います。

5期もよろしくお願いいたします。


患者さんへの言葉かけの重要性

昨日、大腸がんで手術をし、抗ガン治療も行った男性から電話があった。

元気な声が響いていた。
この男性の事は、少し前にここで紹介した。

男性から相談を受け内科医を紹介した。
内科医は「手術するほどでもない」と男性にアドバイスをしたが、男性は「スッキリしたい」ということで、手術をすることに決めていた。
内科医はそれを知り「ご本人がそれが一番だと思うのなら、それが何よりですから、是非そうして下さい」と、即言葉を変えた。
男性はその言葉に後押しされたからと、気分良く手術→抗ガン治療を終えられた。
そして、決めは「明鏡塾」4期の治療家がその男性にかけた「健康なお体ですね」という言葉だった。
「◯さんに健康な体ですねと言われたのが嬉しくて」と元気な声で話してくれた。

どうして、元気な声に拘ったのかというと、先日男性にお会いしたときには、気持ちの中に不安が見えていたからだ。

男性の元気な声は、直感的に回復を予感させてくれた。

何の思惑も意味も持たず、さっと出る言葉が、どれだけ患者さん達を元気づけることか。

さっと出る言葉は、相手に不安を与えないのだ。
それは、言葉を出す側も、相手からの反応として出ているからだ。
だから、直接こころに響くのだ。
こころが分かりにくければ、生体反応を起こさせると考えれば良い。

医療の肝はこの「こころに響く=生体反応」にある
どれだけ元気を引き出せるか、どれだけ希望を引き出せるか、どれだけ勇気を引き出せるかである。
もちろん、そこに作為や思惑があれば、逆に違和感を与えることになる。

また、専門用語の羅列や知識の押し付けは、患者さんに違和感を与える以外の何物でもない。
専門家なら、専門用語を一般例に置き換える作業が出来なければ、専門家ではない。
専門家として分かりやすいのではなく、一般の人、自分の目の前の患者さん、ご家族にとって分かりやすく話せて当たり前なのだ。

その当たり前ということが、自分は「何者なのか」の自覚が生み出す事なのだ。

5期も後2週間で始まります。
今回は、私が外国でのワーク・ショップが重なり、体験会を開くことが出来ませんでした。
にも関わらず、多くの方から受講の申込みを頂いています。
それはひとえに、「明鏡塾」受講生のみなさんのおかげです。
こころある人達が、こころある人達を引き寄せる、正に類は類を呼ぶ、そのものだと思っています。
募集はまだ締め切りませんので、思案中の方一歩前に踏み出して下さい。
http://meikyojyuku.com/


固定観念を壊せば違う世界がそこにある

ジュネーブ2日目のお昼、主催者のマーツが足首を捻挫をしたという。
たかが捻挫なのだが、ダンサーにとっての捻挫は踊れないに繋がる。
しかも、その日の夜と明くる夜に公演があるという。
ワーク・ショップなら休めばよいが、公演となるとそれは出来ない。
ダンサーの一人が氷を用意し冷やしていた。

「大丈夫、ちょっと見せて」とマーツの足を観察、そして触診。「どう」「痛くない!」
その日の公演は痛みも出ずに成功したと、明くる日に報告を受けた。
足首を見ると若干の腫れがあったが、そうたいしたことは無い。

マーツが公演が終わってから、「日野はストレッチに意味はない、といっていたが本当にその通りだった。舞台前のウオームアップもせずに舞台に立ったが、身体は完璧に仕上がっていると感じた」と言っていた。

身体は身体なのだが、全ては「意識が誘導」しているので、それをどう誘導するのかが、身体にとっての快・不快につながるのだ。

捻挫が治ったことに、ワーク・ショップ受講者全員が不思議がっていたが、それは自分の持つ概念の外の出来事だからだ。
人は、自分の持つ概念で全てを解決しようとする。
だから、概念の外の出来事は「不思議」であり「奇跡」になるだけであって、実際的には不思議でもなければ奇跡でもないのだ。
単にそれぞれの持つ概念の外の出来事であるだけだ。

そういった自分の持つ、固定概念や先入観を壊していく。
ワークを通して体感し自分の幅を広げる。
それが、自分自身の治療技術の向上や患者さんの回復、あるいは、改善に繋がるのだ。

それが「明鏡塾」のワークである。

「明鏡塾」5期生募集中

体験セミナー7月16日(日)


今日が明日を未来を創る

昨日は「明鏡塾」だった。
回を重ねる毎に講座に取り組む集中度が増す。
特に今期の人達の集中度は目をみはるものがある。

こうなると関係性で起こる、あらゆるケースに挑戦できるし、その成功度が増す。
そうなると教室は爆笑が頻繁に起こる。
そして、集中度が増すほどに、手応えが消えていく。
結果「どうして、出来たのか」が分からなくなる。
ここに「集中」ということで起こる関係の本質があるのだ。

終了後、打ち上げの飲み会。この日は、大阪から特養の常務も、わざわざ大阪から参加してくれた。
内科医も足を運んでくれた。
新しい事業を起ち上げる為の雑談をしにきたのだ。

雑談が出来るか出来ないか、雑談を盛り上げられるか、そうでないかが、関係性の一番の肝になる。
そして、一緒に仕事が出来るか出来ないかの、直感的判断が下される場でもある。

内科医、外科医、理学療法士、鍼灸師、整体師と垣根を超えた雑談が場を豊かにしていった。
こういった、こころある人達が集い、病気について、認知症について、あるいは難病について語る。
特養の常務が現場に出ていた当時、認知症の人をフォローしていたら、殆ど回復した事例を話してくれた。
それぞれの臨床例から「現在の医療体系はどうもおかしい」という話にもなる。

「ではどうするか」一歩進める話になる。
それは一挙に具体性を帯びていく。
そして、答えは「今は、力を磨け!」だ。
本当に、それぞれが実力を向上させること。
それが明日を未来を支える事になるからだ。


「人生に必要なものは」

人が生きる上で、人生を歩いていく上で一番大切なこと。
それはなんだ?

その事に真っ向から突っ込む。
突っ込むのに必要なもの。
それが「勇気」である。

どうして勇気なのか?
良い意味でも自己否定が含まれるからである。
いわばパンドラの箱を開けるということでもある。

ここには、それぞれの答えがある。
ただ、老婆心的に一つの灯台としていうならば、「誇り」があるかないか。
「志」を持っているのかいないのか。
その事だけが、人生の軸になり得るのだ。

「方法」をいくら持っていても、それは張り子のトラと同じである。
「方法」は時代とともに色あせていくからだ。
それこそ、人を人たらしめるのは「開いたこころ」を持つか否かである。
それでしか、人という種はこころを饗感しあえないのだ。

 

「一体、医者というのは何なのでしょうか?
医療行為ができることが、医者を医者たらしめているものなのでしょうか?」
http://blogs.yahoo.co.jp/gtyff320/14761045.html

これを書く彼は外科医である。
しかも、こころある外科医だ。

「明鏡塾」に集う人達には垣根が無い。
外科医・内科医・理学療法士・鍼灸師・整体師・看護師……。
それぞれの垣根を超えることの出来る「思い」を持ち、「志」を抱いた人が集ってくる。

そして、患者さん、あるいはクライアント、またその家族、周辺の人々。
そういった人達の幸せの為に尽力を尽くす。
そこに喜びを感じる人達。

垣根を超えた協力が、新たな「方法」を生み出し、新たな「世界」を切り開いていくだろう。
それを創り出す核になれたら幸いである。

と考えているのが「明鏡塾」である。


「全ては自分次第」

『武道の達人、伊藤一刀斎は師鐘巻自斎に対して「先生わたくしは剣の妙機を自得しました」と言い放った。自斎は大いに怒って「未熟者が何をいうか」とののしったが、かれは平然として「しかし先生、妙とはこころの妙である以上、みずから悟る外はないではありませんか。決して、師から伝えられるものではないと思います」と抗弁し一歩も譲らなかった。』と書かれてある。

当初、そうでもあるだろうし、しかし違うかもしれないと思っていた。
しかし、この年令になると、それしかないだろう、と確信している。
それしかない、というのは「学び、創造する」という、人そのものの能力のことだ。

先日の「明鏡塾」でも、そういった話を少しした。
理学療法的治療を教わる、あるいは、整体としての技術、鍼灸としての技術を教わる。
それを実際として使うのは、教わっている当人だ。
そして、教科書から実際への橋渡しをするのは当人だ。
教科書に書かれてある抽象を具体に転換させるのは、間違いなく当人でしか無い。

その「転換させる」という作業の積み重ね、そこでの創意工夫は、全ての人で異なる筈だ。
それは、その教科書の抽象をどう解釈したのか、あるいは、どう患者さんの身体に触れているのか、どの程度の圧力なのか、全員違うということだ。
それぞれの創意工夫の結果、教科書はある種実践化されるのだ。
創意工夫という時点で、それぞれの当人のものになっているのだ。
教科書を踏み台にして、当人が作り出すものなのだ。
そういった事を考えていくと、どんなことでも同じだと言える。

但し、ここで最も重要な事は、「自分は何者なのか」という設定の有無だ。
そして、その「何者は何を成すのか」という理想を持っているのかである。
何者も、何を成すのかも持たないで、何かを習っても一切自分の身には付かないのだ。
ただ世間に流されて医療関係に来た。
何もすることがないから福祉の世界に入ろうか、手に職を付けたら食べていけるだろう。
程度の動機で医療の方面に来たのなら、それは患者さんや介護される人に迷惑極まりないばかりか、一つ間違えばそういった人達の人生を狂わしかねない。
そういったリスクも認識した上での、職業選択だ。
もちろん、そのことも自分自身が形成するものである。
そういった人としての根本的なところの重要性を基本としているのが「明鏡塾」である。


「時代は進化と共にある」

世の中は、日進月歩です。
もちろん、このAIとロボットが最終的な姿で無いことは、誰にでも想像できると思います。
どこまで進化するのか

現在の整体や、様々な治療法、リハビリはこういった形に変化するでしょう。
現に、私が10年間関わっている特養では、このロボットを導入し、かなりの成果を上げています。

また「誰にでも出来る」と謳っている治療法はロボットで事足りるということになります、つまり、ある症状にはポイントがある、という考え方ですから、それをAIに記憶させれば可能だということです。

そんな世の中で、人の必要性、人の可能性はどこにあるのでしょうか。
医療従事者は、そんなことを考えた事があるのでしょうか?

「明鏡塾」は、まさにそこに焦点を当てているのです。
そして、方法ではなく、その人そのものの成長が、AIとは一線を引いた医療を提供していくのです。

そこのキーワードは「関係」です。


明けましておめでとうございます

「明鏡塾」のみなさん、新年明けましておめでとうございます。
新しい年が明けて、受講生のみなさんの気持ちも引き締まっていることと思います。

「明けましておめでとうございます」
道行く人に挨拶をしましたか?

そんな些細なことの積み重ねが「自分」です。
日常の中にこそ稽古の種、探求心を育てる種が溢れる程あるのです。
逆に、多くの教室やセミナー、ワークショップ中には、「答えもどき」しかありません。

自分にとって大事なことは、「問題を見つけ出せる目」です。

今年も、色々と問題を見つけていきましょう。

本年もよろしくお願いします。