医療者・施術家向け学びの場「明鏡塾」公式サイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 未分類

未分類

【鬱だった友人が】

朝早く電話で起こされた。着信を見ると友人からだった。 ウツの症状が出ており、外出する気にもならない状態だ。 フランスででも心配していたのだが、かけ直してみた。 電話に出た声は若い男性だった。 「えっ」と思った矢先「◯警察 …

初めての感触

「感覚」という事に気付いたのは20代後半辺りだ。 私自身が手のひらで感じている感じに「あれっ」と思った事がキッカケだ。 それは多分、私自身が生まれて初めて、どんな誘導もない状態で感じたことだと気付いたからだ。 誘導という …

【明鏡塾第4期 まとめ】

「明鏡塾」を手伝ってくれている若い理学療法士が4期をレポートしてくれています。 ::::::::::::::::::: 今月から明鏡塾第5期がスタートしますね。 4期の雑感を少しまとめてみました。 なんどか書いていますが …

患者さんへの言葉かけの重要性

昨日、大腸がんで手術をし、抗ガン治療も行った男性から電話があった。 元気な声が響いていた。 この男性の事は、少し前にここで紹介した。 男性から相談を受け内科医を紹介した。 内科医は「手術するほどでもない」と男性にアドバイ …

固定観念を壊せば違う世界がそこにある

ジュネーブ2日目のお昼、主催者のマーツが足首を捻挫をしたという。 たかが捻挫なのだが、ダンサーにとっての捻挫は踊れないに繋がる。 しかも、その日の夜と明くる夜に公演があるという。 ワーク・ショップなら休めばよいが、公演と …

今日が明日を未来を創る

昨日は「明鏡塾」だった。 回を重ねる毎に講座に取り組む集中度が増す。 特に今期の人達の集中度は目をみはるものがある。 こうなると関係性で起こる、あらゆるケースに挑戦できるし、その成功度が増す。 そうなると教室は爆笑が頻繁 …

「人生に必要なものは」

人が生きる上で、人生を歩いていく上で一番大切なこと。 それはなんだ? その事に真っ向から突っ込む。 突っ込むのに必要なもの。 それが「勇気」である。 どうして勇気なのか? 良い意味でも自己否定が含まれるからである。 いわ …

「全ては自分次第」

『武道の達人、伊藤一刀斎は師鐘巻自斎に対して「先生わたくしは剣の妙機を自得しました」と言い放った。自斎は大いに怒って「未熟者が何をいうか」とののしったが、かれは平然として「しかし先生、妙とはこころの妙である以上、みずから …

「時代は進化と共にある」

世の中は、日進月歩です。 もちろん、このAIとロボットが最終的な姿で無いことは、誰にでも想像できると思います。 どこまで進化するのか…。 現在の整体や、様々な治療法、リハビリはこういった形に変化するでしょう。 現に、私が …

明けましておめでとうございます

「明鏡塾」のみなさん、新年明けましておめでとうございます。 新しい年が明けて、受講生のみなさんの気持ちも引き締まっていることと思います。 「明けましておめでとうございます」 道行く人に挨拶をしましたか? そんな些細なこと …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 明鏡塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com